チケットご購入窓口

チケットカウンター窓口での受付

〒606-0823
京都市左京区下鴨半木町1番地の26
休館日:第1.第3月曜日(休日の場合はその翌日)、年末年始

電話からのお申し込み

075-711-3231
受付時間:10:00~17:00
休館日:第1.第3月曜日(休日の場合はその翌日)、年末年始

インターネットからのお申し込み

予約・購入の際には、ご利用登録(無料)が必要です

座席表

大ホール座席ビュー

アンサンブルホールムラタ
小ホール座席ビュー

NEWS&TOPICS

  • 2018.11.09 その他

    「生き方探求・チャレンジ体験」で体験学習していただきました。

    生き方探求・チャレンジ体験

     

      京都市立藤森中学校生徒の浅井 彩葉さん,木村 彩花さん,森山 もえさんが10月31日(水)から11月3日(金)まで体験学習をされました。

      この体験学習は,平成12年度から京都市「生き方探究・チャレンジ体験」推進事業として,中学生が自ら学び,考え,「生きる力」を身につけるとともに,集団や社会の一員としての自己の在り方を見つめ,自らの生き方を見つけられるよう支援するため,生徒の興味・関心に応じた勤労体験・職場体験・ボランティア体験などの社会体験活動として実施されているものです。

      チャレンジ体験期間中は,館内掲示物の整理,舞台セッティングのお手伝い,施設修繕のお手伝いなどの体験学習をしていただきました。

      初日はかなり緊張した様子でしたが体験中,熱心に興味深く学習されていました。この貴重な体験を今後の学生生活に活かしていただければと思います。

      なお,今後とも当財団といたしましては,京都市内外を問わず,積極的に「生き方探究・チャレンジ体験」を受け入れ,社会貢献に努めてまいりたいと考えております。

     

    【体験学習の感想】

     

    ●浅井 彩葉さん

     今回この3日間通していつも自分たちが見ている表の部分だけ見ると「音楽好きにはいいな」とばかり考えていましたが,実際に働いてみることで,裏の部分があってこその自分たちがあると,改めて感じることができました。そして,より感謝を感じることもできました。

     机一つ一つの掃除だとか,チラシ作りなど,細かい作業が多いこの仕事ですが,お客さんや演奏者の方々が,最後に笑顔で帰っていたり,「ありがとう」の一言をもらったときの満足感は凄いという,職場の方々の言葉にはすごく納得しました。

     この仕事を通して,有難さ,達成感,嬉しさを感じることができました。今回で私は,「たくさんの感謝」を学びました。

     

     

    ●木村 彩花さん

     今回のチャレンジ体験を通して,京都コンサートホールでは人目につかない細かいところや,気が付きにくいところまで徹底して管理されていたのですごいと思いました。また,そういった作業に気が付いたりしたお客さんが一言「ありがとう。」と言ってくれるだけでもとても嬉しくなるという話を聞いて,感謝を伝えるということはとても大切なことなのだとわかりました。想像していた仕事とは違う仕事もありましたが,その一つ一つが誰かのためになっていると考えると,とてもやりがいがあって楽しい仕事だと感じました。

     これからも,様々な場面でホールを利用させていただくことがあると思いますが,今回体験した細かい仕事をしてくれている人がいるからこそ成り立っているということを忘れないでおきたいと思いました。

     

     

    ●森山 もえさん

     私はこの3日間,京都コンサートホールで職業体験をしてみて,仕事の大変さや楽しさなどを学びました。

     合唱コンクールなどで使わせていただいているときは,表の部分しか見えていないので気づかないこともあったけど,京都コンサートホールの裏の部分を見れて,いろいろな人がいて成り立っているのだなと知りました。今回の私たちがした仕事では,接客とかではなく小さい仕事だったけれど,その仕事でも大変だったのにもっと大きく重要な仕事だったら責任感が必要でもっと大変だと思うので,私の今後の生活では大きい仕事を任されたときに備えて責任感をつけようと思いました。

     とにかくこれからは,場所を借りたりするときには,このような人たちがいて成り立っているのだと考えようと思います。

     京都コンサートホールの皆さんありがとうございました。

  • 2018.11.09 利用案内

    京都コンサートホール 空き状況

    2019年2月~2020年4月までの空き状況はこちら

    (2018年11月9日現在)

     

    ※利用に関するご案内はこちら(4MB)

     

    ※空き日は日々変動しますので、必ずホールにご確認ください。

    TEL:075-711-2980 

    初めてご利用いただくお客様に関しても、なんでもお気軽にご相談ください。

     

     

     

     

  • 2018.11.01 その他

    「生き方探求・チャレンジ体験」で体験学習していただきました。

    生き方探求・チャレンジ体験

     

      京都市立下京中学校生徒の大谷 好葉さん,高橋 七奈さん,菱田 せいらさんが10月23日(火)から10月25日(木)まで体験学習をされました。

      この体験学習は,平成12年度から京都市「生き方探究・チャレンジ体験」推進事業として,中学生が自ら学び,考え,「生きる力」を身につけるとともに,集団や社会の一員としての自己の在り方を見つめ,自らの生き方を見つけられるよう支援するため,生徒の興味・関心に応じた勤労体験・職場体験・ボランティア体験などの社会体験活動として実施されているものです。

      チャレンジ体験期間中は,館内掲示物の整理,舞台セッティングや,客席案内業務,施設修繕のお手伝いなどの体験学習をしていただきました。

      初日はかなり緊張した様子でしたが体験中,熱心に興味深く学習されていました。この貴重な体験を今後の学生生活に活かしていただければと思います。

      なお,今後とも当財団といたしましては,京都市内外を問わず,積極的に「生き方探究・チャレンジ体験」を受け入れ,社会貢献に努めてまいりたいと考えております。

     

    【体験学習の感想】

     

    ●大谷 好葉さん

     

     私は,今回のチャレンジ体験を通して,様々なことを学ぶことができました。

     その一つに京都コンサートホールのイメージは自分たちでつくっていくということです。

     私は,部活動や学校行事などで何度かホールを使わせていただいていました。その度に「綺麗なホールだな」と思っていました。今回のチャレンジ体験をするまでは、建物が綺麗とだけ思っていましたが,京都コンサートホールの周りの掃除や楽屋のハンガーの取り換えなど,言われないと気にしないようなことも沢山の時間をかけてやっていると知り,建物以外のことでも京都コンサートホールの綺麗なイメージは作られているということを学ぶことができました。

     このこと以外にも沢山学ぶことがありました。そのことをこれから社会で活かせていければ良いと思います。

     3日間大変お世話になりました。

     

    ●高橋 七奈さん

     

     

     今回のチャレンジ体験では普段,部活動や学校祭で使わせていただいている京都コンサートホールの裏側での苦労や地道な作業の大変さなどを学ぶことが出来ました。

     これまでの私は,京都コンサートホールを使うのに,沢山の方が手伝ってくださっていることをあまり理解せず,「京都コンサートホールを使わせていただいている。」という気持ちがありませんでした。しかし,楽屋のロッカーのハンガーを変えるなどの仕事をしてみるとこれからは京都コンサートホール,それ以外の場所でも,丁寧に大切に使わないといけないなと改めて思うことが出来ました。

     三日間という短い間でしたが,社会的なことから京都コンサートホールならではのことまで沢山知ることが出来ました。

     このチャレンジ体験で学ばせていただいたことをこれから活かしていきたいなと思います。

     本当にありがとうございました。

     

    ●菱田 せいらさん

     

     

     この三日間,普段は見ることのできない京都コンサートホールの裏の仕事をたくさん知り,アンサンブルホールムラタの舞台ドアの開け閉めなどのとても貴重な体験をさせていただきました。

     京都コンサートホールの周りの掃除や,チラシ整理はお客様が気持ち良く京都コンサートホールを利用できるようにするための仕事で常にきれいにしておくというお客様に対する思いの大切さを学ぶことができました。

     また,京都コンサートホールの特徴や大ホールのしくみを教えてくださり,この三日間で京都コンサートホールについて沢山知ることができました。

     細かい作業では,一つ一つを丁寧にすることが大事だとよくわかりました。

     今回のチャレンジ体験を自分の将来やこれからの生活に活かしていこうと思います。

  • 2018.11.01 その他

    【最新版】 コンサートガイド12月号

    京都コンサートホールのコンサートガイド12月号がご覧になれます。

    画像をクリックするとPDFデータでダウンロードできます。

     

    バックナンバーはコチラ↓

                   

    2018年11月号 2018年10月号 2018年9月号 2018年8月号 2018年7月号
    2018年6月号 2018年5月号 2018年4月号 2018年3月号 2018年2月号 2018年1月号
    2017年12月号 2017年11月号 2017年10月号 2017年9月号 2017年8月号 2017年7月号 2017年6月号

  • 2018.10.25 公演情報

    【完売御礼】田隅靖子館長の”おんがくア・ラ・カルト♪”第28回(11/29)

    2018年11月29日(木)11:00開演、「田隅靖子館長の”おんがくア・ラ・カルト♪”第28回」のチケットは、

    全席完売いたしました。


    当日券の発売もございませんので、あらかじめご了承の程、よろしくお願いいたします。

  • 2018.10.24 公演情報

    【謹告】ソリスト変更のお知らせ(11/1NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)

    11月1日(木)「NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)」にソリストとして出演予定だったピアニスト、エレーヌ・グリモーは右肩の故障のため、来日が出来なくなりました。


    代わりに、ルドルフ・ブッフビンダーが出演いたします。曲目の変更はございません。
    エレーヌ・グリモーの出演を楽しみにしていらしたお客様には心よりお詫び申し上げます。


    なお、この変更に伴うチケットの払い戻しはございません。
    お客様には何卒ご理解いただき、引き続き演奏会にご期待くださいますようにお願い申し上げます。

     

     

    ルドルフ・ブッフビンダー(ピアノ)Rudolf Buchbinder, Piano

    (c)Peter Rigaud

    ウィーン生まれ。11歳でウィーン音楽大学の名教師ザイドルホーファーに師事した。室内楽奏者としてキャリアをスタートしたが、徐々にソリストとしての活動が主になり、欧米、日本などでコンサートを行うほか、ザルツブルク音楽祭などに例年招待され、また世界的なオーケストラ、指揮者と共演している。レパートリーは非常に広く、録音も100を超える。近年ではアーノンクール指揮コンセルトヘボウ管とのブラームスの協奏曲、ウィーン・フィルを弾き振りしたモーツァルトの協奏曲などがあり、また現在はベートーヴェンのソナタ全曲録音や、ミュンヘン、ウィーン、チューリヒなどでそのチクルスを行い、高く評価されている。

  • 2018.10.20 公演情報

    【D席完売】パリ管弦楽団(12/14)

    2018年12月14日(金)19:00開演、パリ管弦楽団D席は、ご好評につき完売いたしました。

    C席も残りわずか。S席・A席・B席は好評発売中です。

  • 2018.10.09 公演情報

    【完売御礼】光と色彩の作曲家 クロード・ドビュッシー第1回「ドビュッシーの“ド”から“シ”まで」(10/13)

    2018年10月13日(土)14:00開演、スペシャル・シリーズ『光と色彩の作曲家 クロード・ドビュッシー』第1回「ドビュッシーの“ド”から“シ”まで」のチケットは、

     

    全席完売いたしました。

     

    当日券の発売もございませんので、あらかじめご了承の程、よろしくお願いいたします。

  • 2018.10.07 公演情報

    【完売御礼】光と色彩の作曲家 クロード・ドビュッシー第3回「ドビュッシーが見た風景」(11/23)

    2018年11月23日(金・祝)14:00開演、スペシャル・シリーズ『光と色彩の作曲家 クロード・ドビュッシー』第3回「ドビュッシーが見た風景」のチケットは、

     

    全席完売いたしました。

     

    当日券の発売もございませんので、あらかじめご了承の程、よろしくお願いいたします。

  • 2018.10.05 公演情報

    【イベントのお知らせ】ニュイ・ブランシュ2018(10/5エントランスホール)

    パリ市で毎年秋夜に行われる「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」に合わせて、10月5日(金)の夜、無料で楽しめる現代アート・イベント「ニュイ・ブランシュ KYOTO2018」が京都市内各地で開催されます。
    京都コンサートホールでは、「ニュイ・ブランシュ」の関連イベントとして、1階エントランスホールにて、インドネシアの伝統楽器「ガムラン」演奏と影絵「ワヤン」をお届けすることになりました。
    ぜひお越しください。

     

    パリ白夜祭への架け橋――現代アートと過ごす夜

    京都コンサートホール×ニュイ・ブランシュKYOTO 2018

    「瞑想のガムラン――光と闇に踊る影絵、覚醒の舞」

     

    1階エントランスホール
    ワヤン(影絵)
     
     

    「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は、パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典。京都パリ友情盟約60周年にあたる今年、日仏の現代アートを楽しめる「ニュイ・ブランシュKYOTO」が市内各所で盛大に開催されます。

    今年のテーマは「五感」!京都コンサートホールでは、2018年に没後100年を迎えるフランス人作曲家クロード・ドビュッシーが大きな影響を受けた、インドネシアの伝統楽器「ガムラン」演奏と影絵「ワヤン」を皆さまにお届けします。

    ガムランやワヤンを楽しみながら、柔らかく薫るインドネシアのお香、そして特別出店するバリ料理をも同時にご堪能いただける、特別な一夜を演出します。

    入場は無料!京都コンサートホールに響く、ガムランの神秘的な音色をご体験ください。

     

     

    [日時] 
    2018年10月5日(金)21時30分開始予定
    (21時開場/22時30分終了予定)
     

    [会場] 京都コンサートホール エントランスホール

     

    [出演]
    インドネシア伝統芸能団ハナジョス
    (ローフィット・イブラヒム&佐々木宏実)
     

    [チケット] 入場無料(定員100名)

     

    ★ 特別出店 ★

    当日は21時より、ダイニングカフェ・バリガシさんが特別出店し、インドネシアのお酒やお食事をお楽しみいただけます。この日しか食べられない特別メニューも販売予定です。


    [主催]京都コンサートホール(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)/京都市
    [協力]北山街協同組合 

    ☆ニュイ・ブランシュ公式ホームページ

お問い合わせ先
京都コンサートホール
〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1-26
TEL:075-711-2980 FAX:075-711-2955

休館日:第1・第3月曜日(休日の場合はその翌日)、年末年始

Club会員募集中!

貸館空き状況

空きホールあり

貸館空き状況は常に変動しています。 [空き]なしと表示されている場合でも、催物の内容により使用できる場合もあります。 最新の情報及び、詳細はホールまでお問い合わせください。

貸館のお問い合わせ先:
TEL 075(711)2980

チケットカウンター窓口

電話受付:075-711-3231
受付時間:10:00~17:00

休館日:第1・第3月曜日(休日の場合はその翌日)
年末年始

京都コンサートホールチケットカウンターでは前売チケット(ただし取り扱いのない公演もございます。)をお求めいただけます。また、インターネットでもチケット購入が可能です。(チケットカウンター窓口・お電話でご案内できる座席と同じです。)

TOPに戻る