タイムテーブル

5.24  

京都から世界へ 合唱の真髄に迫る

タイムテーブル 3日目

D-6大ホール

[時間]13:00開演(12:30開場)

[チケット料金]全席自由 1,000円

コモティオ スペシャル・コンサート
あらゆる時代の合唱レパートリーを誇り、多数のCDをリリースしている、イギリスの合唱団「コモティオ」。いまイギリスで最も勢いのあるコーラス・グループのア・カペラ演奏に乞うご期待!

[指揮]マテュー・ベリー

[合唱]コモティオ

[プロフィール]
コモティオ Commotio
1999年、あらゆる時代の合唱レパートリーを誇る合唱団として結成。シュニトケやヒンデミットらの合唱作品や、ピエール・ヴィレット作品の初演等もレパートリーに含まれているほか、若手現代作曲家の作品も積極的に演奏している。
CDも数多くリリースしており、中でもボブ・チルコット作品を収録した「The Rose in the Middle of Winter-Carols」はスペシャリスト・クラシカル・チャートで1位に輝いた。

D-7大ホール

[時間]15:00開演(14:30開場)

[チケット料金]全席自由 2,000円

クロージング・コンサート Part I「平和――自由への叫び」
『Sing for Peace』の音楽監督を務める浅井敬壹によるスペシャル・ステージ。当時のソビエト連邦の体制に翻弄された悲劇の作曲家による「魂の叫び」を、浅井敬壹が渾身のパフォーマンスで描き出します。

[指揮]浅井敬壹

[合唱]合唱団京都エコー

[プログラム]
ショスタコーヴィチ《革命詩人による十の詩曲》より

クロージング・コンサート Part II「グランド・フィナーレ」
3日間にわたり開催したフェスティバルのフィナーレを、平和をテーマにした素晴らしい作品と圧倒的な合唱演奏で華々しく飾ります。

[指揮]浅井敬壹、ボブ・チルコット

[合唱]Sing for Peace Festival Choir ほか

[プログラム]
平田あゆみ(作曲)谷川俊太郎(作詞)Sing for Peaceテーマソング《平和の歌》(委嘱作品)
チルコット《Make me a channel of your peace》(委嘱作品)
ほか

M-3アンサンブルホールムラタ

[時間]10:40開演(10:20開場)

[チケット料金]全席自由 1,000円

日本の合唱指揮者7人 Part II
日本にはたくさんの素晴らしい合唱指揮者が活躍していますが、Sing for Peaceではその中から7人のマエストロにご登場いただきます。
Part IIでは、「芸術としての合唱音楽の在り方」を探求しつつ素晴らしい演奏を聴かせる上西一郎、「男声合唱ならこの指揮者」とも言うべき存在の広瀬康夫、指導者・表現者としても多方面から信頼の厚い清水敬一、そして現在、全日本合唱連盟理事長を務め多彩な活躍を誇る岸信介が登場!この4人による演奏を一度に聴くことが出来るのはSing for Peaceだけ。お聴き逃しなく!

[出演]
上西一郎(合唱:クール シェンヌ)
広瀬康夫(合唱:関西学院グリークラブ)
清水敬一(合唱:松原混声合唱団)
岸信介(合唱:東京ウィメンズ・コーラル・ソサエティ)

京都コンサートホール1階 エントランスホール

[時間]14:15開演

[チケット料金]入場無料

ワークショップの成果を披露!幾重にも響きわたるエントランスホールで、ギボンズとチルコットの《銀色の白鳥》をご堪能ください。

[出演]
ボブ・チルコット
スティレ・アンティコ、NFMクワイア、コモティオ 、ワークショップ参加希望者

[プログラム]
ギボンズ《銀色の白鳥》
チルコット《銀色の白鳥》

TOPに戻る