チケットご購入窓口

チケットカウンター窓口での受付

〒606-0823
京都市左京区下鴨半木町1番地の26
休館日:第1.第3月曜日(休日の場合はその翌日)、年末年始

電話からのお申し込み

075-711-3231
受付時間:10:00~17:00
休館日:第1.第3月曜日(休日の場合はその翌日)、年末年始

インターネットからのお申し込み

予約・購入の際には、ご利用登録(無料)が必要です

座席表

大ホール座席ビュー

アンサンブルホールムラタ
小ホール座席ビュー

第22回京都の秋 音楽祭
京都・パリ友情盟約締結60周年/日仏友好160周年
ドビュッシー没後100年 スペシャル・シリーズ

『光と色彩の作曲家 クロード・ドビュッシー』

  • スペシャル・シリーズ《光と色彩の作曲家 クロード・ドビュッシー》について

     2018年、フランス近代最大の作曲家クロード・ドビュッシー (1862-1918) が没後100年を迎えました。 ドビュッシーは、形式・和声・色彩の面においてそれまでの伝統的規範を打ち破り、斬新な作曲法と巧みな内面的心理描写で数々の管弦楽作品やピアノ曲、歌曲などを書き残しました。 ロマン派時代にピリオドを打ちつつ、近現代の扉を開けた人物であるといっても過言ではなく、ドビュッシーから影響を受けた後世の作曲家は数知れません。
     京都コンサートホールでは、京都・パリ友情盟約締結60周年/日仏友好160周年の年でもある今年、ドビュッシーにまつわる3つのコンサート・シリーズを特別企画しました。  それぞれ「初級編」・「中級編」・「総括編」と位置づけられており、段階的にドビュッシーを知ることの出来る仕組みになっています。  ドビュッシーについて知らない方から専門的に学ぶ方まで幅広い人びとにお楽しみいただけると同時に、どの回から聴いていただいてもドビュッシーを身近に感じていただける内容でプログラミングされています。

    [日時]2018年10月13日(土)、11月10日(土)、11月23日(金・祝)各回とも14時開演

    [会場]京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ

    [主催]京都市/京都コンサートホール(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

    [協力]株式会社 進々堂

    [後援]村田機械株式会社・朝日新聞京都総局・京都新聞・在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本・産経新聞社京都総局・日本経済新聞社京都支社・毎日新聞京都支局・読売新聞京都総局
    α-STATION エフエム京都・KBS京都

    [助成]文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
    独立行政法人日本芸術文化振興会

  • 各コンサートについて

    初級編

    2018年10月13日(土)14:00開演(13:00開場)公演終了
    「これでドビュッシーはOK」 あらゆる人に捧げるドビュッシーの“ド”から“シ”!第1回「ドビュッシーの“ド”から“シ”まで」
    • 岡田暁生

      岡田暁生

    • 中川俊郎

      中川俊郎

    • 小坂圭太

      小坂圭太

    【公演の聴きどころ】

    ドビュッシーの「初め」から「終わり」まで、すなわち「A to Z」ならぬドビュッシーの「ド」から「シ」までをお届けするコンサート。ナビゲーターに京都大学人文科学研究所教授の岡田暁生、ピアノに中川俊郎と小坂圭太を招き、多角的な視点からドビュッシーを捉えます。プログラムにはドビュッシーの初期から晩年の作品まで幅広く並んでいるため、第1回公演をお聴きいただければドビュッシーの音楽や人生を俯瞰していただくことが出来るでしょう。中川と小坂曰く、ドビュッシーは「破壊と再構成の作曲家」。「癒し系じゃない部分のドビュッシーに気付いていただきたい。別の角度から見ることによって、より立体的に見えるものがあるはず」と語ります。

    【出演者】

    岡田暁生(ナビゲーター/レクチャー:京都大学人文科学研究所教授)
    中川俊郎(ピアノ)、小坂圭太(ピアノ)

    【プログラム】~オール・ドビュッシー・プログラム~

    《小組曲》より〈小舟にて〉
    《2つのアラベスク》より 第1番
    《レントより遅く》
    《前奏曲集第1集》より 〈ヴェール〉、〈亜麻色の髪の乙女〉
    《夜想曲》より 第2曲〈祭り〉(2台ピアノ版)
    《弦楽四重奏曲》op.10より 第1, 2楽章(4手連弾版)
    《ピアノのための12の練習曲》より
     〈5本の指のための(ツェルニー氏による)〉、〈3度のための〉、〈装飾音のための〉、〈対比的な響きのための〉
    《白と黒とで》

    【チケット】

    全席指定 一般:3,000円 完売御礼  *会員:2,700円 完売御礼  U-30:1,500円 完売御礼 (当日座席指定 ※要証明書)
    *京都コンサートホール・ロームシアター京都Club及び京響友の会会員が対象

    【動画】

    中川俊郎&小坂圭太(ピアノ)インタビュー動画
  • 中級編

    2018年11月10日(土)14:00開演(13:00開場)公演終了
    「ドビュッシーを、もっと!」 一歩進んで、パリのサロン・コンサートを味わう第2回「ベル・エポック~サロン文化とドビュッシー~」
    • 椎名亮輔

      椎名亮輔

    • サロメ・アレール

      サロメ・アレール

    • 永野英樹(c)J.RADEL

      永野英樹(c)J.RADEL

    • 大嶋義実

      大嶋義実

    • 福井麻衣

      福井麻衣

    • 石川静

      石川静

    • 細川泉

      細川泉

    【公演の聴きどころ】

    初回の内容から一歩進んで、「ベル・エポック(良き時代)」と呼ばれた20世紀パリのサロン・コンサートに注目。近代フランス音楽のスペシャリストであり同志社女子大学教授の椎名亮輔をナビゲーターに迎え、当時のサロン文化や芸術家たちの交流、ドビュッシーとサロンの関わりなどを紹介します。今回、サロン・コンサートの雰囲気を味わっていただくため、選曲の細部にまでこだわりました。ドビュッシー晩年の傑作《フルートとヴィオラ、ハープのためのソナタ》をはじめ、サン=サーンスやフォーレ、ラヴェルらによる歌曲や室内楽作品を披露します。演奏は、フランス音楽を得意とする国内外の一流アーティストたち。他では絶対に聴くことの出来ない、洗練された演奏を聞かせてくれることでしょう。

    【出演者】

    椎名亮輔(ナビゲーター/レクチャー:同志社女子大学学芸学部音楽学科教授)
    サロメ・アレール(ソプラノ)、永野英樹(ピアノ)、
    大嶋義実(フルート)、福井麻衣(ハープ)、石川静(ヴァイオリン)、細川泉(ヴィオラ)

    【プログラム】

    フォーレ:ヴェニスの5つの歌
    ラヴェル:シェエラザード
    ドビュッシー:ビリティスの3つの歌
    フォーレ:塔の中の王妃
    イベール:2つの間奏曲
    サン=サーンス:ヴァイオリンとハープのための幻想曲
    ドビュッシー:フルートとヴィオラ、ハープのためのソナタ

    【チケット】

    全席指定 一般:4,000円 完売御礼  *会員:3,600円 完売御礼  U-30:2,000円 完売御礼 (当日座席指定 ※要証明書)
    *京都コンサートホール・ロームシアター京都Club及び京響友の会会員が対象

    【動画】

    福井麻衣(ハープ)演奏動画
  • 総括編

    2018年11月23日(金・祝)14:00開演(13:00開場)※プレトーク13:20
    ドビュッシーが見た風景を追体験するピアノ・リサイタル第3回「ドビュッシーが見た風景」
    • パスカル・ロジェ (c)武藤 章

      パスカル・ロジェ(c)武藤 章

    • 鶴園紫磯子

      鶴園紫磯子

    【公演の聴きどころ】

    ドビュッシー・シリーズの総括編として、世界的ピアニストのパスカル・ロジェによるピアノ・リサイタルを開催します。もちろんプログラムはオール・ドビュッシー。イマジネーションの結晶とも言うべき《前奏曲集 第1集・第2集》全曲をお届けします。これらの各前奏曲にはタイトルがつけられていますが、ドビュッシーはそれを作品の冒頭ではなく曲尾に書き添えました。なぜならば、彼は自分のイマジネーションを聞き手に強制したくなかったのです。聴衆の方々には、ドビュッシーの音楽・ロジェの音を通して、フランスの風景や色彩感、薫りや雰囲気を感じていただけたら幸いです。なお、当日13時20分からプレトークとして、音楽と絵画の関係に造詣の深い鶴園紫磯子をお招きし、ドビュッシーにまつわるお話を伺います。

    【出演者】

    パスカル・ロジェ(ピアノ)
    鶴園紫磯子(プレトーク:桐朋学園大学講師)

    【プログラム】

    ドビュッシー:《前奏曲集 第1集・第2集》(全曲)

    【チケット】

    全席指定 一般:5,000円 完売御礼  *会員:4,500円 完売御礼  U-30:3,000円 完売御礼 (当日座席指定 ※要証明書)
    *京都コンサートホール・ロームシアター京都Club及び京響友の会会員が対象

    【動画】

    パスカル・ロジェ(ピアノ)インタビュー動画
  • 関連企画「ニュイ・ブランシュKYOTO 2018」イベント終了

     パリ市で毎年秋夜に行われる「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」に合わせて、10 月5 日(金)の夜、無料で楽しめる現代アート・イベント「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2018」が京都市内各地で開催されます。
     京都コンサートホールでは、「ニュイ・ブランシュ」の関連イベントとして、1階エントランスホールにてドビュッシーが大きな影響を受けた、インドネシアの伝統楽器「ガムラン」演奏と影絵「ワヤン」を皆さまにお届けします。
     ガムランやワヤンを楽しみながら、柔らかく薫るインドネシアのお香、そして特別出店するバリ料理をも同時にご堪能いただける、特別な一夜を演出します。
     は無料!京都コンサートホールに響く、ガムランの神秘的な音色をご体験ください。

    ニュイ・ブランシュ

    パリ白夜祭への架け橋――現代アートと過ごす夜

    京都コンサートホール×ニュイ・ブランシュKYOTO 2018
    瞑想のガムラン――光と闇に踊る影絵、覚醒の舞

    [日時]2018年10月5日(金)21時30分開始予定(21時開場/22時30分終了予定)

    [会場]京都コンサートホール 1階エントランスホール

    [出演]インドネシア伝統芸能団ハナジョス(ローフィット・イブラヒム&佐々木宏実)

    [チケット]入場無料(定員100 名)※事前申込不要

    京都コンサートホール×ニュイ・ブランシュKYOTO 2018

    ★ 特別出店 ★

    ダイニングカフェ・バリガシ
    当日は21時より、ダイニングカフェ・バリガシさんが特別出店し、インドネシアのお酒やお食事をお楽しみいただけます。この日しか食べられない特別メニューも販売予定です。

    [主催]京都コンサートホール(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)/京都市

    [協力]北山街協同組合

  • 特別コラボレーション

  • 進々堂

    創業100年以上を誇り、京都におけるパン製造業の先駆者としても知られるベーカリー「進々堂」様とコラボレーションが実現!ご来場の皆さまにもれなく、本企画を記念した特別パティスリーをプレゼントします。
    演奏だけでなく、「食」の面でもドビュッシーやパリを楽しんでいただけますと幸いです。

    【第1回】ブリオッシュ
     演奏される《前奏曲集》第1巻より〈亜麻色の髪の乙女〉の冒頭部分がプリントされた、アーモンドクリームが入ったブリオッシュ。

    【第2回】フィナンシェ
     様々な楽器や作品が寄せ集められた第2回にふさわしい、色んな味を楽しめるフィナンシェ。

    【第3回】カヌレ
     ふわりとフランスの薫り漂う《前奏曲集》のイメージと合わせた、ふわりとオレンジ香るカヌレ

    特別パティスリー

  • 京都コンサートホール×京都府立図書館 特別コラボレーション
    ~ドビュッシー没後100年特別企画~

    今回、京都コンサートホールと京都府立図書館では「特別コラボレーション」として、ドビュッシーにまつわるミニ講座を協同してお届けすることになりました。
    ◆コラボレーションイベント
    ドビュッシー没後100年企画「レクチャー&音楽鑑賞」イベント終了
    没後100年企画「レクチャー&音楽鑑賞」 [日時]2018年8月12日(日) 14:00~15:00(13:30受付)
    [場所]京都府立図書館3階マルチメディア室
    [内容]
    ・レクチャー 「ドビュッシーとエンマ・バルダックをめぐる音楽」(講師:京都コンサートホール・高野裕子)
    ・音楽鑑賞(ナクソス・ミュージック・ライブラリーを使用)

    [申込]当日先着50名 (受付開始以降、会場にお入りください)
    [参加費]無料
    イベント詳細はこちら
    ◆公式ブログ「京都コンサートホール×京都府立図書館 特別コラボレーション
    ~ドビュッシー没後100年特別企画~」
    今回のコラボレーションについて、そして京都府立図書館で行われている多彩な企画について、図書サービス部長の堀奈津子さんからお話を伺いました。
  • 特別連載

  • 掲載情報

    Mercure des Arts 4/15号「Back Stage」(文:高野裕子)

    ・朝日新聞(京都版)5月4日 朝刊
    朝日新聞(京都版)5月4日 朝刊

    ・「ぶらあぼ」6月号(5/18発行)広告
    「ぶらあぼ」6月号(5/18発行)広告

    「音楽の友」6月号(5/18発行)

    ・京都新聞広告(5/20朝刊)
    京都新聞広告(5/20朝刊)

    「モーストリー・クラシック」7月号(5/20発行)「ドビュッシー没後100年芸術の都パリ」

    ・関西音楽新聞 6月号(6/1発行)
    関西音楽新聞 6月号(6/1発行)

    WEBぶらあぼ「京都でドビュッシー没後100年を記念する特別企画」(6/7)

    ・毎日新聞6月13日夕刊
    「没後100年 「印象派」の別の顔 ドビュッシー3公演 今秋、京都コンサートホール」

    ・京都新聞7月5日夕刊「ドビュッシー 文化的背景に迫る」

    ・「音楽現代」8月号(7/14発行)

    ぶらあぼ10月号(9/18発行)「音と言葉でドビュッシーの芸術に多角的に迫る」

    ・「音楽の友」10月号(9/18発行)

    ・福井新聞9月19日(共同通信)
    福井新聞9月19日(共同通信)

    ・読売新聞(京都版)9月28日朝刊(※ニュイ・ブランシュ)

    ・中國新聞9月30日(共同通信)
    中國新聞9月30日(共同通信)

    ・朝日新聞(京都版)10月1日朝刊
    「ガムランの音 影絵の白夜祭」(※ニュイ・ブランシュ)

    ・日本経済新聞10月3日夕刊「ドビュッシー 没後100年特集」

    CD Journal(WEBニュース)「京都コンサートホールでコンサート・シリーズ〈光と色彩の作曲家 クロード・ドビュッシー〉開催」(10/4)

    Yahooニュース(10/4)

    ・朝日新聞10月4日夕刊「没後100年 ドビュッシーを特集」

    ・山陰中央新報10月5日(共同通信)
    山陰中央新報10月5日(共同通信)

    ・朝日新聞デジタル「破壊とエロ ドビュッシー、京都の3公演で特集」(10/11)

  • チケット情報

    チケット料金・発売日

    【料金】

     第1回 3,000円 完売御礼 /第2回 4,000円 完売御礼 /第3回 5,000円 完売御礼
     ※*会員・シニア・障がいのある方:各公演1割引(併用不可)

    【発売日】※3公演一斉発売

     *会員先行 6月3日(日)/一般発売 6月9日(土)
    ◆特別チケット◆
    ① 3公演セット券
    3公演を同じ席でお楽しみいただく、お得なセット券を販売します。

    【料  金】10,000円 <約15%お得> 完売御礼

    【販売枚数】限定100セット

    【販売期間】 *会員先行 5月13日(日)~5月19日(土)
    一般販売 5月20日(日)~6月 2日(土)

    ② U-30券
    30歳以下の方を対象に、枚数限定で大変お得なチケットをご用意しました。

    【料  金】第1回 1,500円 完売御礼 / 第2回 2,000円 完売御礼 / 第3回 3,000円 完売御礼

    【販売枚数】各回限定50枚!

    【販  売】・単券と同時発売 [*会員先行 6月3日(日)/一般発売 6月9日(土)]
    ・当日座席指定 ※要証明書
    ※座席をお選びいただくことは出来ません。

    *会員:京都コンサートホール・ロームシアター京都Club(年会費1,000円)と京響友の会会員が対象。

    発売場所

    【窓口・電話】

     京都コンサートホール ☎ 075-711-3231 10:00~17:00(第1・第3月曜休 ※休日の場合はその翌平日)
     ロームシアター京都  ☎ 075-746-3201 10:00~19:00(年中無休 ※臨時休館日を除く)

    【その他プレイガイド(電話・インターネット)】

     ローソンチケット(Lコード:54538)
  • About this series

    This concert series entitled « Claude Debussy: Composer of light and color » features the music of Claude Debussy, who is France’s Greatest Composer. Commemorating the 100th anniversary of the death of Debussy, we are hosting three concerts of Debussy’s works: the first, a concert for two pianos; the second featuring chamber music; and the third a piano recital. The concerts will be accompanied by a series of talks, introducing the cultural context of Debussy’s music.

  • About the concerts

    ・Vol.1 From Do (De) to Si (Sy) for Debussy's music Finished
    Saturday 13, October 2018 2:00 p.m. at Ensemble Hall Murata

    - Navigator -

    Akeo Okada (Professor of Institute for Research in Humanities, Kyoto University)

    - Performers -

    Toshio Nakagawa and Keita Kosaka, Pianos

    - All Debussy Program -

    « En bateau » from Petite suite
    First Arabesque
    La plus que
    « Sails » and « The Girl with the Flaxen Hair» of Prélude Book 1
    « Fêtes » from Nocturnes (2 Pianos version)
    1st and 2nd movements from First String Quartet, op.10 (4 Hands version)
    « For the Five Fingers after Mr. Czerny », « For the Thirds »
    « For the Ornaments » et « For the sound of the Conterpoint » from 12 Etudes for Piano
    En blanc et noir

    - Tickets -

    Normal ticket: JPY 3,000 SOLD OUT
    Under-30 ticket: JPY 1,500 SOLD OUT
    Club Member reduction: JPY 2,700 SOLD OUT
    Senior reduction and Handicapped person reduction: JPY 2,700 SOLD OUT
    * Tickets will be released at 9th June 2018
    ・Vol.2 Belle Époque : Culture of Salon and Debussy Finished
    Saturday 10, November 2018 2:00 p.m. at Ensemble Hall Murata

    - Navigator -

    Ryosuke Shiina (Professor of Department of Music, Doshisha Women's College of Liberal Arts)

    - Performers -

    Salomé Haller, Soprano
    Hideki Nagano, Piano
    Yoshimi Oshima, Flute
    Mai Fukui, Harp
    Shizuka Ishikawa, Violin
    Izumi Hosokawa, Viola

    - Program -

    Gabriel Fauré: 5 Songs of Venice
    Maurice Ravel: Shéhérazade
    Claude Debussy: 3 Songs of Bilitis
    Gabriel Fauré: Une châtelaine en sa tour op.110
    Jacques Ibert: 2 Interludes for Violin, Flute and Harp
    Camille Saint-Saëns: Fantasy for Violin and Harp
    Claude Debussy: Sonata for Flute, Viola and Harp

    - Tickets -

    Normal ticket: JPY 4,000 SOLD OUT
    Under-30 ticket: JPY 2,000 SOLD OUT
    Club Member reduction: JPY 3,600 SOLD OUT
    Senior reduction and Handicapped person reduction: JPY 3,600 SOLD OUT
    * Tickets will be released at 9th June 2018
    ・Vol.3 Landscapes sounds represented by Debussy
    Friday 23, November 2018 2:00 p.m. at Ensemble Hall Murata

    - Performer -

    Pascal Rogé, Piano

    - Pre-talk of the Concert -

    Shikiko Tsuruzono (Lecturer of Toho Gakuen College Music Department)

    - Program - *13:20- Pre-talk of the Concert

    Claude Debussy: Préludes Book 1 & 2

    - Tickets -

    Normal ticket: JPY 5,000 SOLD OUT
    Under-30 ticket: JPY 3,000 SOLD OUT
    Club Member reduction: JPY 4,500 SOLD OUT
    Senior reduction and Handicapped person reduction: JPY 4,500 SOLD OUT
    * Tickets will be released at 9th June 2018

    ★3-concert set tickets JPY 10,000 < 100 sets> SOLD OUT
    *You can purchase Set tickets from 20th May through 2nd June.
  • Related Event “Nuit Blanche 2018” Finished

    KYOTO CONCERT HALL × Nuit Blanche Kyoto 2018

    Gamelan Meditation

    by Traditional Indonesian Group "HANA JOSS"

    --Dancing "Wayang Kulit" in the light and darkness--

    Every autumn, Paris stages Nuit Blanche (“White Night”), a one-night festival celebrating contemporary art. Kyoto, a sister city of Paris, holds the companion event“ Nuit Blanche Kyoto” in various locations around the city. The Kyoto edition is a “O matsuri” dedicated to contemporary creation and focuses on Japanese and French emerging artists introduced to a wide audience along a journey into Kyoto heritage venues and art spots.
    2018 marks the 60th anniversary of Paris and Kyoto's a friendship covenant, the 160th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Frarnce and Japan, and of 100 years after Debussy's Death.
    In Kyoto Concert Hall, you can enjoy Gamelan Music by which Debussy, France's greatest composer, was deeply influenced.

    Nuit Blanche

    Friday 5, October 2018 9:30 p.m. (Doors open at 9:00 p.m., scheduled to end at 10:30 p.m)at Kyoto Concert Hall Entrance Hall (1F)

    Nuit Blanche

    - Performers -
    Traditional Indonesian Group "HANA JOSS" (Rofit Ibrahim & Hiromi Sasaki)

    - Entrance Fee -
    Free (Capacity of 100 people)
    *Please come directly to the entrance hall on the day of the performance.

    - Food & Drink -
    You can taste balinese food on the day.
    Special food stall: Dining café “Baligasi”

    - Enquiry –
    Kyoto Concert Hall

    Presented by Kyoto Concert Hall (Kyoto City Music Art Cultural Promoting Foundation) and Kyoto City

  • About Tickets (Please be sure to read)

    ・Normal ticket (each concert ticket, all seats reserved).

    ・Under-30 ticket (each concert ticket): If you are under 30 years old, you can purchase tickets at a special price. There is a limit to the number of these tickets (50 places every concert). You can’t select your sat position. Please bring your ticket and your ID card to the third floor of Kyoto Concert Hall on the day of the performance to receive your reserved seat ticket. If you forget your ID card, you may have to pay an additional fee.

    ・3-concert set tickets (3 concert tickets, all seats reserved): You can purchase a set of 3 tickets for the concert series at a special price (a discount of 15 percent from the total price of three concert tickets) and reserve a same seat for each concert.(You can purchase 3-concert set tickets only at the Box Office)

    ・Club Member
    If you are a member of Kyoto Concert Hall and Rohm Theater Kyoto, you can purchase tickets at a special price (a discount of 10 percent from normal tickets).

    ・Senior reduction and Handicapped person reduction (all reserved seats): You can book discounted tickets (a discount of 10 percent from normal tickets) only at the Box Office. Please show your ID card at the Box Office.

  • How to buy tickets

    Online
    You can pay by Credit cards only.

    ・At the Box Office (10:00-17:00 *closed on the 1st and the 3rd Monday each month)
    You can pay by cash or credit cards.

Club会員募集中!

貸館空き状況

空きホールあり

貸館空き状況は常に変動しています。 [空き]なしと表示されている場合でも、催物の内容により使用できる場合もあります。 最新の情報及び、詳細はホールまでお問い合わせください。

貸館のお問い合わせ先:
TEL 075(711)2980

チケットカウンター窓口

電話受付:075-711-3231
受付時間:10:00~17:00

休館日:第1・第3月曜日(休日の場合はその翌日)
年末年始

京都コンサートホールチケットカウンターでは前売チケット(ただし取り扱いのない公演もございます。)をお求めいただけます。また、インターネットでもチケット購入が可能です。(チケットカウンター窓口・お電話でご案内できる座席と同じです。)

TOPに戻る